Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

胃がんのバリューム検査で早期胃癌は発見できない

胃がんのバリューム検査で早期胃癌は発見できない

胃がん検診といえば、バリュウム検査。

とにかく辛い・・。

あの不味いバリュウムを飲まされ、込み上げてくるゲップをとめて、技師の指示に従って、自分で身体を動かし、挙句は機械で腹をあちらこちらと押されて終了。

それでも、早期の胃がん発見のためと人間ドックではお約束の検査。
ところが、このバリュームX線検査は、胃がんの早期発見には難しいそうです。

医師の説明によれば、レントゲンは白黒画像で色がない。微妙なちょっとした色の異常を見逃します。

その意味で、やっぱり、内視鏡検査を薦める医師は多いです。
バリューム飲むより楽で、精度がいいです。

しかも、早期ガンを発見する確立は、バリューム検査の4倍となれば、考えちゃいますよね。

コメント



認証コード2303

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional